「米国IT企業に移り年収3,000万円超に。でも出来なければ解雇」米国本社の壮絶なプレッシャー・働く社員の特徴とは?
2020/08/28
#海外で働きたい #年収1500万以上のリアル #キャリア戦略概論

description

「一度は外資系企業の本社で働いてみたい」。そう考えるLiiga読者の方も、少なくないのではないでしょうか。

今回取材した甲斐健二さん(仮名)は、2010年に日系大手メーカーから米国IT企業の日本支社に量子コンピューターのエンジニアとして転職。2年後に同社の米国本社へ転籍し8年間働いていました。現在はアメリカのスタートアップに転職しています。

今回はそんな経験を持つ甲斐さんに「米国本社転職の経緯」「米国本社の仕事の実態」「世界トップ企業の本社で働く人たちの特徴」そして「米国本社で働くメリットとデメリット」についてお話を伺いました。

〈Profile〉
甲斐 健二(仮名)
元米国企業本社エンジニア
日本の大学院卒業後、日系大手メーカーに量子コンピューターのエンジニアとして入社。10年間勤めたのち、米国企業の日本支社に転職し、2年後に米国企業本社へ転籍。「できなければ解雇」という過酷な環境を生き抜いたのち、現職のアメリカのスタートアップに移る。


【目次】
・日本→米国企業本社で年収は3倍! しかし米国本社は壮絶なプレッシャー!?「いつクビにされてもおかしくない」
・「米国本社にいた人は、みんな”オタク”だった」プロとしてレベルアップする過程をただ楽しむ、米国企業本社社員の優秀さ
・「自分がやりたいことをとことん突き詰める」希望の転職を叶えるために必要なこと


日本→米国本社で年収は3倍!しかし米国本社は壮絶なプレッシャー!?「いつ解雇されてもおかしくない」

――まずは甲斐さんの経歴について教えてください。

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る