「生き残りたければ、サイコロを振ってでもリスクをとれ」。外資系資産運用会社のファンドマネージャーが語る、ファンドマネージャーの転職事情・活躍するためのポイント
2020/08/29
#ファンドとは何か #ファンド勤務のプライベートを覗く #ファンドにつながるキャリア #ファンドで必要なスキルとは #ファンドマネージャーになる方法

description

資産運用会社や、信託銀行、保険会社などの金融機関で働く人の中には、資産運用のプロフェッショナルであるファンドマネージャーに憧れている人も多いのではないでしょうか。

西家雅紀さん(仮名)は新卒で日系銀行の債券ディーラーとしてキャリアをスタートさせたあと、外資系の資産運用会社を渡り歩き、現在は外資系資産運用会社のファンドマネージャーとして活躍しています。

今回は「資産運用業界の裏側・転職事情」「資産運用会社のファンドマネージャーの給与事情」「ファンドマネージャーとして活躍するためのポイント」について伺いました。

〈Profile〉
西家 雅紀(仮名)
外資系資産運用会社 ファンドマネージャー
大学時代から計量経済学を専攻していたため、ファーストキャリアとして日系銀行の債券ディーラーをチョイス。その後自分が理想とする運用哲学を実践するため、外資系の資産運用会社を渡り歩く。数年前から現職。



【目次】
・「常に理想の運用環境を求め、転職し続けた」日系銀行の債券ディーラーから、外資を渡り歩くファンドマネージャーへ
・運用方針を左右するのは「景気」リーマン・ショックでリスクがとれなくなり、また別の運用会社へ
・現在の年収は3,500万円。外資系資産運用会社のファンドマネージャーの給与事情とは
・ファンドマネージャーとして生き残るコツは「サイコロを振ってでも意思決定すること」

「常に理想の運用環境を求め、転職し続けた」日系銀行の債券ディーラーから、外資を渡り歩くファンドマネージャーへ

ーーまず経歴についてお聞かせください。

西家:私の職歴は以下になります。

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る