Big4 FASと中小FASの違いとは?FAS(ファイナンシャル アドバイザリー サービス)業務内容を徹底解明

はじめに

近年、ファイナンシャル アドバイザリー サービス(以下FAS)業界へ転職する人、また新卒で就職する人が増えております。特にBig4と呼ばれる、会計系の4社(EY、デロイト、PwC、KPMG)系列のFASではマーケットの賑わいもあり、大量に採用を行っております。

FASはM&Aや事業再生といった分野で活躍している業界ですが、その実態についてわからない方も多いのではないでしょうか。また、未経験の方も採用しており、実情を知る機会がないまま就職してしまう場合も多いと思います。

そこで今回は、長年実務に携わってきたD氏にインタビューを行いました。入門的な内容になっておりますので、FASに馴染みのない方、必見です。

description

まずは基本的な仕事内容を知ろう

―本日はよろしくお願いします。現在はベンチャー企業で管理部の業務についているということですが、これまでの経歴をうかがってもよろしいでしょうか。

簡単な経歴を説明すると、理系学部を卒業後、エンジニアとして数年働き、その後公認会計士に転じました。

4大監査法人に就職後、同系列のFASに転職をしました。その後、中小の会計系コンサルティング会社で、事業再生、M&A戦略や事業戦略といった経営よりの仕事を経験してきました。現在は、ベンチャー企業の管理部でIPOに向けた業務を行っています。

-FASについてご解説いただきたいと思います。具体的にどういった仕事があるのでしょうか?

専門的に分けるとかなり多岐にわたるのですが、所属していたBig4系の会社の業務をもとに主要なものをあげると、以下の6つがあります。

1. M&Aアドバイザリー
2. デューディリジェンス
3. 事業再生アドバイザリー
4. バリュエーション
5. PMI(Post Merger Integration)
6. フォレンジック

―各業務の内容は、どのようなものでしょうか

それぞれの業務について、簡単に説明したいと思います。

1.M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーは、投資銀行のIBDで馴染みのある方が多いと思いますが、基本的に行う業務は同じです。大手の投資銀行では、最低でも100億円以上のディールしか扱わないことが一般的ですが、Big4のFASでは投資銀行より規模の小さい案件が中心となります。

Big4も100億円以上のディールを扱おうと思えばもちろんできるのですが、投資銀行は営業力がすさまじいため大きい案件を獲得し、結果的にすみわけができているというわけです。私から見ると投資銀行は金の亡者というイメージが強いですね(笑)。

その他、投資銀行がほぼ参入していない事業領域として、税務的要件が強く関わってくる同族会社内M&Aがあります。非上場企業等で、複数子会社を有し、節税用の資産運用会社を持っている場合や、子息等への相続を意識した組織になっている会社のM&Aは税務に関する知識が必要なため、会計系ファームのFASが強みを有します。これはBig4よりも税務業務を得意とする中小のFASが得意としていますね。

2.デューディリジェンス

続いて、デューディリジェンス(以下DD)ですが、DDにはいくつか種類があります。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
このコラムに関連した人気エージェントはこちら
date_range 2016-08-06

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。