トップエージェントが語る、戦コン・M&A仲介“真の面接対策”とは?【Wayout 石井 康裕氏インタビュー】
2021/07/07

description

外資系戦略コンサルファーム、高年収で有名なM&A仲介の面接対策というと、テクニカルな話に終始することも少なくありません。しかし実のところ、そうした表面上の対策だけではオファーにつながらないことも多いのだとか。

そう話すのは、Liigaで2021年5月現在平均口コミ星4.5(74件)、「選考対策・レジュメの添削」では全体で1位の高評価を受けているエージェント石井 康裕さん(Wayout Strategic Partners 代表取締役社長)です。

今回は石井さんに戦略コンサルファーム、M&Aアドバイザリーを目指す人が一番大切にするべきことから始まり、ケース対策の肝や「いつか戦コン・M&A仲介に」と考えている人が“今”できることなどについてお話しいただきました。

〈Profile〉
石井 康裕
Wayout Strategic Partners 代表取締役社長 新卒で事業会社に入社。M&Aアドバイザリー、戦略コンサルタントを経て2019年に独立。Liigaでは2021年5月現在平均口コミ星4.5(74件)、「選考対策・レジュメの添削」では全体で1位の高評価を受けている。


【目次】
・「動機が“不純”なうちは動かない方がいい」M&A仲介・戦コン志望者が一番大切にすべきこと
・「ケース面接には、本質的なレベルまで踏み込んだ対策を」口コミNo. 1エージェントが語るケース対策のポイント
・キャリアコンサルとして心掛けているのは「情報の正確性・対策の精度」
・「青臭く志を抱き、泥臭く努力と工夫をして」M&A仲介・戦コンに行くために“今”できることとは?

「動機が“不純”なうちは動かない方がいい」M&A仲介・戦コン志望者が一番大切にすべきこと

――戦略コンサルファーム、M&Aアドバイザリーの志望者が一番大切にするべきなのは、やはりケース面接対策なのでしょうか?

石井:もちろんケース面接対策も大切ですが、前提になるのは

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。
関連エージェント
Wayout Strategic Partners
石井 康裕
4.6 (96)
経験年数 4年 / 東京都
前職 EY – Ernst & Young (Strategy)
●略歴 早稲田大学卒業後、KDDI株式会社に入社。 シンガポール事業所における経営管理業務、IoT法人営業、人事など幅広い職務を経験。 その後、株式会社日本M&Aセンターに入社。 役員室において中小企業M&A業務に従事。 さらにEY Japanの戦略コンサルティング部門にて戦略立案やチェンジマネジメントに取り組む。 2度の転職を経て、マッキンゼー出身者らと共にWayout Strategic Partnersを創業。代表取締役社長に就任。 早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修了(MBA) 経済産業大臣登録 中小企業診断士 ●得意業界  ・戦略系コンサルティングファーム  ・総合系コンサルティングファーム  ・M&A仲介会社、FAS系等アドバイザリー ●強み  ・戦略コンサルやM&A会社での勤務経験  ・多数の候補者の内定獲得支援実績  ・各ファームとの強固なコネクション  ・経営学やケース突破メソッドのレクチャー ●特長 特に転職が初めてという20代、30代の方と昨今の転職事情や自身の転職経験、業務経験を踏まえながら共にキャリアを検討していきたいと思います。 またMBAや中小企業診断士を取得しておりますので、経営理論やケース対策、思考法などあらゆるメソッドを伝えることも得意としております。 コンサルやM&Aについて興味のある方と、是非一度じっくりと転職やキャリアについて語り合えればと考えております。どうぞよろしくお願い致します。 弊社ホームページ: https://wayout-strategic-partners.com
エージェントについてもっと見る

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る