内定に近づく職務経歴書の書き方〜コンサル⇨経営企画職への転職を例に〜

description 現在コンサルタントとして活躍中のLiiga会員の中には、将来的に事業会社に移って会社の中核を担う人材へと成長したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クライアントに対して『第三者』として提言を行うコンサルタントが”手触り感”を求めて転職するポジションに、「経営企画職」があります。

本記事では、「経営企画職」とはどういったポジションなのか、そして記事後半では、コンサルから経営企画職への転職を成功させるための職務経歴書の書き方のポイントを具体例を示しながら解説します。

“経営に関すること全て”が守備範囲 エース級社員が集う経営企画職の業務内容

経営企画職の概要

経営企画職は、企業の中/長期経営計画の策定や管理、さらには実行を主業務とし、M&A、新規事業創出、事業の撤退・縮小などにも関わる職種です。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
このコラムに関連したおすすめ求人はこちら
date_range 2021-11-23

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。