×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

実現に向けて、体が勝手に動き出す「目指す自分に最短で到達するためのキャリア戦略」我究館共催 #02

date_range 2019-02-07

先日、我究館館長・熊谷智宏氏によるLiigaアカデミア「目指す自分に最短で到達するためのキャリア戦略」講座が開催されました。

前編では講義内容の中から、キャリア戦略を考える際にスタート地点となる「目標の設定」をお伝えしました。

前編で皆さんにご設定頂いた目標を、確実に実現するためには、次に「戦略の立案」が必要となります。本コラムではその講義内容についてお伝えします。

description

〈Profile〉
熊谷 智宏(くまがい ともひろ)
「我究館」館長であり、『絶対内定』シリーズの著者。
横浜国立大学を卒業後リクルートに入社し、2009年にはジャパンビジネスラボに参画。
「我究館」では、10年間で1000人を超えるビジネスパーソンのキャリア戦略構築支援を行ってきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援での実績多数。
また国内外の大学での講演や、教育機関へのカリキュラム提供、企業へのコンサルティング業務、執筆活動も積極的に行っている。

誰とやりたいのか、誰とやりたくないのか、という拘りがあるはず

目標設定ができたら、それを実現する「戦略の選択肢」を考えてみましょう。例えば「〇〇業界へ転職する」、「MBA留学する」、「起業する」といったものです。

description

まず個人で20個ほど考えて頂き、その後グループになって、お互いに他の選択肢を提案し合ってください。選択肢の幅を広げるために、業界や部署など現在の前提で制限をかけず、可能な限り多くの選択肢を考えてみましょう。

その際、先に設定して頂いた目標と、選択肢で実行することが的確に一致するように気を付けてください。例えば、「サポートする」という目標からは、コンサルティングによる企業の役員の意思決定のサポートから、コールセンターでのカスタマーサポートまで千差万別の選択肢が出てきます。

同じ「サポート」でも、誰をサポートしたいのか、誰をサポートしたくないのか、という拘りがあるはずです。対象が違うために、「やりたいことができているのに、違和感がある」という状態が起こると、自己実現につながりません。

選択肢を実行する際は、「誰と仕事をしたいのか」、「誰と関わりたいのか」、自分が最も気持ちよく感じるのは誰なのか考えてください。

description

―個人ワーク②・グループワーク②―

description

絶対に失敗しない「スモールアクション」を繰り返し、成功体験を増やす

せっかく目標や戦略を考えても、2週間以内に忘れてしまう方がほとんどです。そういう状態を防ぐためにも、


続きはログイン後にご覧いただけます。

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。