モルガン・スタンレーで意識していたこととは?ミライセルフCEO表氏インタビュー #01
2016/05/18
#投資銀行の仕事内容 #投資銀行から広がるキャリア #起業する

はじめに

京都大学法学部を卒業し、モルガン・スタンレー証券へ新卒入社。その後UCバークレーにてMBAを取得。現在は、企業と応募者のフィットを図るサービス「mitsucari(ミツカリ)」を提供する株式会社ミライセルフを起業した表 孝憲(おもて・たかのり)氏に、自身がこれまでに積み重ねてきたキャリアについてのお話、その歩み方についてのアドバイスを伺いました。プロフェッショナルファームで働いている方、海外留学、起業を考えている方は必見です。

3回に渡ってお届けいたします。第1回は、新卒就活からモルスタでの日々についてお話しいただきました。

description

〈Profile〉
表 孝憲 (おもて たかのり)
株式会社ミライセルフ 代表取締役社長CEO
京都大学法学部を卒業後、新卒でモルガン・スタンレー証券に入社。 UCバークレーでのMBA留学を経て、[株式会社ミライセルフ](https://mitsucari.com/)をシリコンバレーにて設立。現在は“企業と人のミスマッチを無くすマッチング型採用プラットフォーム”『mitsucari』を展開中。


【目次】
・強豪アメフト部を率いるも、全国大会で勝てず地獄の日々を味わう…
・自分を採用する会社は馬鹿だと思っていた。
・常にバッターボックスに立っていると思え! ~モルスタ時代

強豪アメフト部を率いるも、全国大会で勝てず地獄の日々を味わう…

ーーご出身は京都大学とのことですが、どのような大学生活を送っていたのでしょう?

表:法学部でしたが、一言で言うと勉強よりもアメフト一色で過ごした学生時代でした。

コラム作成者
Liiga編集部
Liigaは、「外資就活ドットコム」の姉妹サイトであり、現役プロフェッショナルのキャリア形成を支援するプラットフォームです。 独自の企画取材を通して、プロフェッショナルが必要とする情報をお伝えします。

Liiga

世界で通用する
人材を育み未来を創る