×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

「外資系という”上澄み”だけ知っていても生き残れない」 投資銀行IBD→スタンフォードMBA卒の起業家が語るグローバル・キャリアの作り方 #02

description

慶応義塾大学法学部を卒業後、米国留学、投資銀行IBDなどを経てスタンフォード大学MBAを取得し、メガネのEC「Oh My Glasses TOKYO」を創業した清川忠康さん(34)。後編ではそんな清川さんに、投資銀行IBDで学んだことや、その経験が今にどう活きているかなどをお話しいただきました。

創業から5年、経営者として清川さんが重視しているのは「共感する力」だと言います。ロジカルに、合理的なキャリアを積んできた清川さんがそう感じるようになったのは、一体なぜなのでしょうか。(写真提供/オーマイグラス株式会社)

・インタビュー前編:「戦略的に考えないと、キャリアは切り拓けない」 投資銀行→スタンフォードMBA卒起業家が語るグローバル・キャリアの作り方(上)

35歳までは、ミッションで仕事を選ぶ

――投資銀行や戦略コンサルに長年勤めてしまうと、給与面で転職に踏み切れなくなる人も多いと聞きます。

description

それは、あるかもしれませんね。僕もUBSから経営共創基盤に転職した時、年収はすごく下がったんですよ。それまで住んでいたマンションは引っ越して、タクシーもやめて自転車通勤。UBSを辞める時、他の外銀や事業会社、外資コンサルの内定もあって、中にはそれまでと同等以上の給与額を提示してくれたところもありました。

でも僕は、「35歳まではミッションで仕事を選ぼう。お金では選ばない」と決めていました。転職する時も、お金はまずおいておく。お金が足りない部分はやり方を考える。なので、新しいことややりたいことをまずやらせてもらっていたんです。

――清川さんのミッションとは、具体的には何になるのでしょうか。

僕の言うミッションとは「自分がこの世で何を成し遂げたいか。それによって世界をどうよりよく変えていくか」です。僕の場合は、「品質の良いメガネを、手ごろな価格で日本中、世界中の人に届けること」ですね。

――なぜメガネECなのでしょうか。


続きは会員登録後(1分)にご覧いただけます。
date_range 2017-03-10

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。