×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

「初めはカオス。カルチャーすらなかった…」外資系投資銀行→ベンチャー役員転職の光と影Vol.1 マネーフォワード取締役執行役員・金坂直哉氏の場合

date_range 2019/07/12

description

外資系投資銀行からベンチャー企業に身を移し、幹部として経営に携わる人材が増えている。「世界を変える」べく突き進むベンチャーならではの“夢”が、事業会社の側面支援に徹するバンカーを惹きつけるのは、想像に難くない。ただ、金融とベンチャーの世界に大きな隔たりがあるのも事実。企業規模、ビジネスモデル、働き方など-。転身で失敗しないためのポイントは何か。初回は、ゴールドマンサックス(GS)からマネーフォワードに移った金坂直哉氏に話を聞いた。

〈Profile〉
金坂 直哉(かねさか・なおや)マネーフォワード取締役執行役員コーポレートディベロップメント担当
2007年、東京大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス証券株式会社の東京オフィス、サンフランシスコオフィスにて約8年間勤務。テクノロジー・金融業界を中心にクロスボーダーM&Aや資金調達のアドバイザリー業務、GSが運営する投資ファンドを通じた投資及び投資先企業の価値向上業務に携わる。2014年9月、マネーフォワードに参画。2015年6月同社CFO、2019年3月より現職。2児の父、好きなTV番組は「テラスハウス」。

“カオス”の創業期ベンチャーに転職


続きはログイン後にご覧いただけます。
会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。