×
Liiga
世界で通用する人材を育み未来を創る
img
スカウト
ハイクラス求人が届く
img
コラム
キャリア戦略を学ぶ
img
コロッセオ
ロジカルシンキングを磨く
1分で無料会員登録
ログインはこちら

論理的であろうとするために陥ってしまう「ケース問題の罠」とは。プロによるケース面接対策 #01

date_range 2016-06-07

はじめに

さて、前回の「都内のタクシー台数」推定のお題では、「ありがちな良くない例」を示しつつ、基本的な心構えを中心に記載させていただきました。今回は、もう少し踏み込んだケースの内容を、3部構成にてお伝えしていきます。

前回のコラム:フェルミ推定のプロフェッショナルが語る!ケース面接で見られる論理力の本当の意味とは?

description

ケース面接の落とし穴

私が、多くの方のケース面接練習をマンツーマンで行っていく中でわかってきたことの1つは、多くの方は「論理的であることを伝えよう」とするあまり、かえって「論理的でない考え方」をしてしまう方が多いということです。

詳細は後述しますが、本来「考える」ことと、「伝える」ことは違うはずなのですが、ケース面接といわれると、ついつい論理的に伝えることばかりを重視してしまい、本来あるべき考えるプロセスが歪んでしまったために、非常に非論理的な解を導いてしまう方が多いです。

また、「論理的に考えられた答え」を考え出そうとして、いきなり「論理的な視点」から考えようとしてしまうために、結果として偏った/非論理的な答えを導いてしまいます。

しかし、本来の「考えるプロセス」を思い返せば、いきなり「論理的な視点」から考えようとするのは不自然なアプローチです(こちらも詳細は後述します)。

一方で、彼らも「ケース面接」と言われなければ、もっと柔軟な考え方をもとに、上記のような問題が発生しない解き方ができるはずなのですが、「ケース面接」ということを意識するあまり、普段は行わない不自然なアプローチで取り組んでしまい、かえって「非論理的」な回答をしてしまいます。

問題解決プロセスの前提確認

本題に入る前に、そもそも「問題解決をどのようなプロセスで行うか」について、ここで簡単に確認しておきます。今回は、一般論ではなく、みなさんのわかりやすいように若干修正を加え、下記のような分け方で記しました。

------------------問題解決プロセス--------------------

①情報/視点を収集する ・基礎的な「情報」を収集する

②「業界を見る視点/考え方(考える上での、物事の分け方/軸/変数)」を整理する

③考える ・集めた情報をもとに、現状分析を行う ・「問題点/課題/重要ポイント」を特定する ・「問題点/課題/重要ポイント」にあった、解決策を考案する

④伝える ・聞き手が不自然に思わないプレゼンストーリーを、考えた内容から作成する ・プレゼン資料に落とし込む(資料を作成する)

--------------------------------------------------------------

大きくは、「情報/視点を収集する」「考える」「伝える」の3ステップです(抽象的な言葉が多いので、イメージしにくいかもしれませんが、具体例を持って後述致します)。

捕捉

情報を収集するとありますが、ケース面接の場合は、インターネット検索、書籍・雑誌、ヒアリングなどの一般的な情報収集手段を利用することができません。そのため、「必要な情報を面接官に尋ねる」「頭の奥底にある記憶を引っ張り出す」ことが重要となります。

ケース面接における、ありがちな良くない例とは?


続きはログイン後にご覧いただけます。

会員登録のお願い

限定募集情報に応募するためには、会員登録の後プロフィールを入力いただく必要があります。

追加記入のお願い

限定募集情報に応募するためには、追加でプロフィールを入力いただく必要があります。

プロフィールを入力
審査をお待ち下さい

現在、ご入力いただいたプロフィールを審査しております。申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さい。